愛猫と一緒にダイエット

一言で痩せると言っても、様々な方法があります。

体を温めて代謝をあげる方法はその中でも、よく美容にもオススメです。

体を冷やすようなものはなるべく避けて体を温める食べ物や飲み物をとる、お風呂はシャワーだけでなく湯船に入るなど、普段の生活でちょっと気をつけることができると思います。

朝に飲むコップ1杯の白湯は特にいいと言われています。
まずは些細なことから始めてみませんか。

減量したいというのがダイエットを開始する最初に目指すべきものとしてあるわけですが、このダイエットが原因で身体の調子が狂ってしまってはせっかく痩せても何の魅力もありません。ボディラインに健康と魅力を反映させるにはダイエット中に口にする食事内容が大きく関与してきます。しっかりとビタミン、たんぱく質、糖質などをバランスよく口にし、カロリーを摂り過ぎない食事に気を配り、そしてウォーキングなど過度な負荷にならない運動で基礎代謝を上げて脂肪を燃やすことが健全なダイエットと言えます。まずダイエットとは短期間では痩せられないもの。

急激に体重を減らすと体に大きな負担がかかりリバウンドしがちな体質になってしまいます。

リバウンドしない身体作りから始まり、健康的に体重を落とすためにはバランスを考えた食事をし、有酸素運動を行い、ストレッチや筋力トレーニング、腸内環境の整備、睡眠の改善などをして、ゆっくりと努力を重ねていかねばならない。
何となくお腹が空いたなっていうときは食べ物よりもまずは水気を口にするのがおススメです。
実際は水分が欲しいだけなのに空腹だと感じてしまうことは多々あります。

それなら水をコップ一杯飲むだけで空腹感が消え、食べ物を口にせずに済みます。
寒いときには、白湯やそれにしょうが等をのせたものもいいです。

紅茶のようにカフェインが入ったものは利尿作用で水分が失われてしまいますので、避けましょう。ダイエットを始めるとしていきなり運動から始めるのは大変だと思うので、最初は食事量を減らすことから始めましょう。

食事を摂る前には少し水を飲むことで、胃を軽く膨らませます。そして、食事はゆっくり摂るようにしましょう。満腹の感覚は食べ始めて20分過ぎると感じだすと言われており、早食いは食べ過ぎてしまう元です。最低20~30回は咀嚼して、30分くらいの時間をかけて食べると良いでしょう。

女性の永遠のテーマはダイエットだと思います。どの人も綺麗な体型を維持し、若くいたいと内心では思っているはずです。

しかし、ちょっとした気分の緩みですぐに挫折する人が多いのも事実かもしれません。まず、本気で痩せたい!という思いがあるのならその気持ちをキープするために、目標となる人物の体系の写真や切り抜きを毎日目にする場所に貼りましょう。一番のオススメ場所は冷蔵庫の扉の前です。

ちょっとだけ甘いもの、ちょっとだけジュースこの気持ちをセーブする良い味方になるはずです。
ダイエットでとにかくやってはいけないことは過度な食事制限。
食事制限は元の食事に戻した途端すぐに元の体重に戻りますし、ずっとその食事量を守ることを思うとうんざりすると思います。
お菓子を二度と食べないなんて続けられるものではありません、やめましょう。

最初は嫌々だと思いますが、やっぱり運動が1番いいと思う。
ダイエットするには、食事のバランスを考え、適切な運動を行うことが大切です。

体を動かさなくても食事を急に減らすものは一時の効果は出ますが、リバウンドする可能性も高いです。

甘い物や脂っ気の多いものは避け、低カロリーで高たんぱくなものや食物繊維の多いものを摂取し、継続して運動をする生活をするのがよいです。
筋肉は脂肪より密度が高いので、運動を開始しても始めは体重変化が見えにくいですが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を燃焼し、体が引き締まっていき、「太りにくいボディ」がつくられるのです。

日々の食事はダイエットをする際、とても大切になります。
いくら運動をしても、消費カロリー以上によりカロリーを摂取してしまうと、元も子もないからです。つまり、摂取カロリーより消費カロリーが毎日多ければ、体重増加の心配は無いということです。

また、燃焼力をあげるような食べ物を摂取し、さらに運動することで効率よく体重を減らすことができます。

日々欠かさず行う食事を見直す事はダイエットを進めることにおいて大切なことでしょう。
ダイエットをしてみたいと考えたのは、もっと今時の洋服を着こなしたかったからです。育児で忙しいことを言い訳にして、自分の身なりをおそろかにし、若々しい気持ちやオシャレから遠ざかり、外出するのも億劫になってしまいました。パリッとした格好でお出かけすることを楽しんでみたい、趣味のいい服を着たい、若いママでい続けたい、なつかしい顔に会ってドン引きされたくない、ダイエットを希望する理由はたくさん出てきます。残るはダイエットをいかに持続していくかです。猫がダイエットで餌を食べないってある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする