ワンサイズ下のウェディングドレスを目指してます

最近2週間ほど、ちょっとした空腹時に濃縮タイプのブルーベリー黒酢を炭酸水で割ったものを飲んでいます。
6月後半から体重がずっと増えていましたが、努力して食事量を制限したのではなく、自然と食欲も落ち着き、ピーク時の体重に比べ2キロ減りました。寝る前には欠かさず足の上下運動を両方10回をしばらく続けるだけでウエストがかなり引き締まりました。ダイエットで厳禁なのは過度な食事量の制限です。

食事量を制限しても以前のパターンに戻すとあっという間にリバウンドするし、この先も永遠に食事制限していくことを考えたらストレスが溜まって仕方ない。甘いものを永遠に食べないなど続かないんだから絶対やめたほうがいい。

最初は嫌々だと思いますが、結局体を動かすのがベストだと思います。
ちょっと増えた体重を元に戻すため軽いダイエットをしました。

ダイエットするときは、ランニングなどの運動は苦手なのでウォーキングを取り入れるようにしています。晴天ならいいのですが、雨など降っていたり天気が悪いとどうしても外に出る気が失せるのでその様な日は好きテレビを見ながら足踏み運動をします。
これが効率的でドラマに夢中になればあっという間に時が過ぎかなり良いダイエット運動となります。日々の食事はダイエットをする際、とても大切になります。いくら運動をしても、消費カロリー以上に摂取するエネルギーが大きいと意味がないからです。

つまり、摂取カロリーより消費カロリーが普段の生活で多ければ、体重が増えてしまうことは無いです。

また、食事も代謝をあげるものを取り入れ、さらに運動することで効率よく体重を落とすことができます。三食とる食事を見直す事はダイエットをするにあたり大事な事でしょう。

ダイエットをしようとする時に必要だといわれていることはまず、自分の身体で目に付く部分をリストアップし、変えていきたいと思う順番をつけていくことが大事です。

一度にすべて変えようとすると運動量や運動法が多くなり三日坊主になりやすいです。

まずは部位を絞り、その部位に効果的な運動をしていくことがオススメです。

変えたい部位を少なくすることでダイエットの効果が高くなり、達成感を味わうことによって、ダイエットを継続していける自信がついていきます。ダイエットの心構えとして無理せず長く続けるを意識した方が良いと思います。
せっかく痩せてもリバウンドしては意味がありません。はじめはカレンダーを用意して、そこに目標を書きます。大体2キロ痩せる、くらいが良いかと思います。

あとは夕飯のお米を半分に減らします。そして30分くらい歩くのです。

これを一日おきくらいでやっていきます。

週末には体重計に乗って結果をカレンダーに書きます。
多くを期待せず少しづつ減らしていくのが、長く続ける秘訣です。

ダイエットをせねばと張り切るよりも、無理なく痩せる習慣を付けることが重要です。消費カロリーより摂取カロリーが多いため太るのであり、消費カロリーを増やすことが肝心です。そのためには、タイムイズダイエットの概念を理解することです。つまり、時間を大切にすることが痩せる元なのです。
今できることは即座にやるようにしましょう。

掃除、洗濯、洗い物、何でもいいので思いついたらすぐに行動することを心がけてみると体重は勝手に減っていきます。よいダイエットとは短期間で痩せるものではありません。

急激に体重を減らすと身体への負担が大きくなり、結果としてリバウンドしがちな体になってしまいます。まずはリバウンドをしないような身体を作り、健康的に痩せていくためにはバランスを考慮した食事をし、有酸素運動の習慣をつけ、ストレッチ、筋トレ、腸内環境の正常化、睡眠改善などをして時間をかけて努力を重ねていかねばならない。ダイエットに必要なのは、腸内環境を整えることが大切ではないでしょうか。

即ち、腸内に食べ物が留まる時間が長いほど体はそれを吸収しようと備わっているように思います。食事をしなければ当然痩せますが、排便もなくなります。
食べることで摂れない栄養を腸内のものから取り込もうとする反応が起こるからだと思われます。
ですので、お腹の調子を整えて、自然な排泄が毎日行われれば、ダイエットになるのではないかと思います。

夜8時を過ぎての食事は避けるようにしています。

それが難しいときでも、眠る二時間前には飲食しないようにしています。夕食は腹八分目に留めるようにしています。
また甘いものは午前中に食べるよう注意しています。そして買うものは少量で売られているものか、小さいパックに分割されているものを買っています。3時のおやつは、一口サイズの物だけを食べるようにしています。運動は苦手なのでしていませんが、近い距離は歩くようにしています。札幌ブライダルフェアが良かったので体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする