妊娠中に長女のオーディションに参加

妊娠発覚後、つわりが非常につらかったのと体力的に厳しい仕事だったため、退職しました。

仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、体力的に厳しくなければ、仕事を続けてもいいと思います。妊娠期間中は葉酸をサプリメントで補うよう先生からすすめられたため摂取していました。

さらに血中の鉄分が不足しがちだったので、処方された鉄剤と、加えて鉄分の含有量が多い食材を積極的に摂っていました。
妊娠23週目で子宮頚無力症と言われ、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。いわゆる正産期まで日はありますが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、早産になってしまわないかと不安な日々ですが、産休期間に入り、ゆっくりと過ごさせてもらっています。ネット掲示板等で同様に切迫早産やシロッカー手術された方のお話で勇気付けられています。

このまま順調に出産を迎えられるよう、あとわずかの妊娠生活を楽しみたいと思います。

妊娠している間は、妊娠する前の自分の体が変化していることを自覚しなければいけません。お腹の小さな妊娠初期は、目立った変化が無いので妊娠する前と同じ感覚で動きがちです。
けれども妊娠初期段階では胎児の体の元となる大切な部分が出来上がる重要な時期ですから、たとえ体調が良くても、絶対に無理はしないでください。ゆっくりゆったりと構えて、少しでも体の変化に気づいたら、体を休めることが大事です。妊娠中は、まずストレスを溜めないことを第一にしましょう。ストレスが溜まると、発散のために暴飲暴食したり、冷静に物事を判断できず危ない行為をしたりゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。すると、母体に余計な負担をかけることになり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。

出産は命がけの、人生の一大イベントです。
神経質になる必要はありませんが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスした気持ちと身体を整えてきましょう。

初妊娠をした喜びはとても大きく、すぐに仕事を退職しました。

退職したのはいいが、毎日することがなく退屈な日々となりました。暇をつぶすため、友達と外食する事が多くなり気付けばお金は減るし、検診では体重増加を注意されてしまいました。つわりも軽く普通に生活できたので、仕事も適度にしながら妊娠期間を楽しめばよかったなと思いました。

妊娠も35週目に入ると、妊娠後期も中頃となり、あと4週で出産を迎えられるような時期となります。

妊娠からこの頃までの身体は、受精した卵子を守るようコントロールされてきましたが、これから後は、出産に向けて、妊婦の体が少しずつ変化してくる時期でもあります。そのため、非常にデリケートで、身体に負荷を掛けると早産になってしまうこともあるのです。

妊娠中であってもパートナーと愛のコミュニケーションは営みたいものです。

妊娠したら絶対に禁止ということはありません。とはいえ、妊娠初期・安定期前や、出産予定日近くは避けた方が良いです。
妊娠して間もない時期や安定期の前は流産の危険性が高く、予定日間近は体に大きな負担がかかります。

検診で問題がなく体調が良ければ医学的には大丈夫です。

無理せず時間を取り互いを感じ合うことは愛を育む大事な時間です。私は妊娠中に金属アレルギーになりました。

妊娠初期に使用していた結婚指輪の近くが痒くなり、少し時間を置いたらかぶれたようになってきました。
医療施設で診てもらったら、肌が感じやすくなって金属アレルギーに近い状態になっていると伝えられました。
以来、指輪を指すことをしなくなりました。
妊娠中だけで、出産後しばらくしたら大丈夫になって、今は金属に皮膚がかぶれることはありません。妊娠している間は皮膚が敏感になる模様です。2人出産経験があります。

一人目の時も二人目の時も早い段階で体調の変化を感じていたので、チェッカーで判定できる前回の生理から40~45日後よりも前に妊娠が判明しました。だから2回目の妊婦生活も前回と変わらないと思いきや全然違うじゃないですか。

1人目はつわりが重かったので食べられない日々でした。2人目の時はたった30日余りのつわりで終わり、このまま落ち着つけるかと思っていたら、切迫流産で入院、さらに切迫早産で二回目の入院をしています。

妊娠、出産は千差万別ですので、体調の変動に細心の注意を払ったマタニティライフを送ってください。

妊娠されているうちは頑張り過ぎないように近くの人に力を貸してもらいながらゆっくりめに過ごしてほしいものです。

家の事に尽力しすぎるとお腹の辺りに緊張が走ったり仕事に入れ込みすぎると体調が悪くなったり、精神衛生上も影響が出ます。

食事に関してはつわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べ、罪悪感を感じないようにしてほしいです。

わたしはつわりがきつかったのですが、葉酸が入っているサプリは、意識して少し飲み続けるように決めました。
子役オーディション女の子向け情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする